読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノ溜め

気持ち悪いのばっかみてます。inoの類似品が出回ってます、お気をつけて下さい。

漫画の中の映画女子

COMIC

f:id:inox07230:20161104091103j:image

毎回言うようですが、このブログですが一応、一応、映画が本職のブログのハズなのですが。

めでたくブログはじめて半年過ぎましてね、振り返ると映画の話題よりも漫画の話題(しかもエロ系)の方がアクセス数がウナギ上がるというね。副業のバイトの方が稼ぐっていう感じでしょうか?(確定申告しなきゃダネー)

さて、今回ですが久しぶりの漫画のご紹介なのですが、漫画で見つけた『映画好き女子』(女子?)が出てくるヤツね、ソレね。

 

 f:id:inox07230:20161104092024p:image

『ケンガイ』大瑛ユキオ

レンタルショップに勤める、普通の男子・伊賀くんは、同じレンタルショップに勤める白川さんという年上の映画マニアの女性を好きになるのですが、この白川さんが周りではマニアックな映画マニアにしか興味を持たない変わり者として 扱われておりまして。恋愛対象の射程内に居ない『圏外』の女と呼ばれています(THE☆ヒデェ)。

f:id:inox07230:20161104091247p:image

そんな白川さんと普通な伊賀くんのラブストーリーです。

よくあるヲタと普通の人のラブコメ漫画的な内容かと思いますが、この白川さん・・かなりリアルなヲタでして。

f:id:inox07230:20161104091307p:image

よくあるヲタの描写がエキセントリック過ぎて逆に読んでてドンドン体温が奪われてく漫画じゃなくて、現実のヲタを普通に描いてる所が良いですねェ。

しかも自己主張の出来るヲタなんで、映画の事は譲らないし。

f:id:inox07230:20161104091320p:image

会話の流れが映画に流れるとか。

ハッキリ言うと可愛くない映画ヲタですが、しかも歩み寄ろうとする伊賀くんに対して、もの凄い壁で寄せ付けません。

上から目線なのか卑下してるのかわかりませんが、ヲタと普通の線引きをしてるような感じというか、もの凄い可愛くないw

f:id:inox07230:20161104091401p:image

この『エレファント・マン』のセリフで泣いた事のあるヤツしか信じないと言う白川さんのセリフにドキッとしますよね。

映画好きならそういうのありますじゃんな?『パシフィック・リム』好きな奴に悪いヤツいないとか、『セルビアン・フィルム』を推すヤツは意外に常識人とか、そういう映画作品の好みを軸にしてる判断目安。

白川さんが履いてるコンバースハイカットもポイント高い、実にいい。

 

 f:id:inox07230:20161105184909p:image

『ファイアパンチ』藤本タツキ

謎の力を持つ者を『祝福者』と呼ばれる世界。氷の魔女という『祝福者』によって極寒の地と化した世界で妹をベヘムドルグという王国の兵士に殺されたアグニが復讐に燃えるし、焼けた肉体がすぐに再生し、またすぐに焼けては再生する能力ゆえ、身体も燃えるいうね。

今『旬』すぐるほどのコチラ。私もこの漫画がツボでして、1巻の1話目からソッチの方向でエグイw

f:id:inox07230:20161104092216j:image

2巻目になると、もう肉達磨や、生首ボロン、ホモダチなどさらに喜ばせる燃料投下してくれます。

で、2巻から突然現れたキャラ・トガタ。

f:id:inox07230:20161104092358p:image

主人公アグニと同じく ベヘムドルグ王国の者に家を焼かれ、大事にしていた映画データを燃やされ、失意のズンドコに居たトガタ。ベヘムドルグ王国に復讐を誓うアグニの姿を見て『ドキュメンタリー映画』を撮る意欲が湧きアグニと行動を共にするといキャラです。

f:id:inox07230:20161104092629p:image

このトガタは1990年代から2200年の映画を好み、『ブレインデッド』、『スコットピルグリム』、『リトルダンサー』が好きで、この発言ですw

f:id:inox07230:20161104092237p:image

コレ言うとアレなんですが、実は私も1990年代ぐらいの映画がMAXで全くそれ以前の映画に思入れがないという、クソにわか野郎でして。ホラー映画でよく『80年代』が引き合いに出されますが、話されても目が泳いでます。

そんなワケでトガタのこの設定はかなり気にっております。

さらにコノ発言の発想好きですねぇ、映画が公開された年数で考えたり(てゆーか、してませんか?)

f:id:inox07230:20161104092515p:image

コレの行動もひそかにしてませんか?(倉庫でガン=カタのポージングとか)

f:id:inox07230:20161104092549j:image

映画のセリフとかもボンボン出てきますし、些細なシーンで映画のありかたのコダワリ発言もあり(結構、コレが深い)二度読みしてしまう場面も多いです。

それ以外でもかなり面白い漫画ですんで、是非に。

 

 

f:id:inox07230:20161104092645p:image

 『木根さんの1人でキネマ』アサイ

30ン歳独身OL・木根さん趣味は1人で映画を観ることと感想ブログ。映画愛がこもり すぎててこじらせちゃってる木根さんの生き様(笑)をみよ!←コミック紹介文より。

f:id:inox07230:20161104092739j:image

この漫画ですが、映画好きな方のツィートで結構出てまして読んでみたのですが。

木根さん30ン歳、多分40歳近いのでしょう・・・きっと世の中に揉まれてきたのでしょうか?かなり性格が卑屈w(ソコラ辺が面白い)

まぁギャグ漫画なんでね、ありえない展開や、環境・・・ジブリごときに30ン歳の女にこんな過干渉の職場とかキモイですが、まぁ漫画なんで。

f:id:inox07230:20161104092811j:image

ちょっと『私は映画通よ?』的な体温低いのがカッコいいと勘違いしてるのが(一番ダサい態度ね)同居人の映画初心者によって掻き乱される様が面白いですな。

木根さん、ブログをやってるのですが、木根さんが熱くススメた映画をフォロワーがけなすコノ場面が凄いわかる、悲しいほどわかりますてぇ。

f:id:inox07230:20161104092840p:image

某・映画アプリで、小躍りでススメた映画をバッサリ『クソ映画、観る必要なし!』とか書かれて散々、根に持った私にはわかる、いまだに根に持ってる!(ネッチリ根暗なんで)

ちょっと絵柄にクセがありますが、コチラも知ってる映画のタイトル(メジャーな映画)がガンガン出てきて面白いんで是非。

f:id:inox07230:20161104093235p:image

しかし、木根さん全く1人でキネマってない件ね(´Д` )b

ちなみに、私はジブリ宮崎駿作品、全部観たよわよさ。

 

 

さぁ、アナタはどの映画女子と仲良くしたいっすか?(・∀・)ニヤニヤ

広告を非表示にする