イノ溜め

気持ち悪いのばっかりみておりますね。

Art/Crime (2011)

f:id:inox07230:20181211055231j:image

 Storyline

 f:id:inox07230:20181211060255j:image

 ・・・ほ、本物ジャナイカ??

ネット上で自分の特殊メイク作品をアップしていたレミー・クチュールさん。

f:id:inox07230:20181214175125p:image

素人ながらレミーさんはコツコツと試行錯誤しながら作品をアップしていた、最初は写真そして写真から映像 作品になり。

f:id:inox07230:20181214175130j:image

その流れとともにレミーさんのスキルも尋常じゃなく上がっていった!

 

気が付けばレミーさんのサイトはカナダ市民だけ見るようなサイトではなく全世界規模のサイトになっていた。

f:id:inox07230:20181214173811p:image

レミーさんの実力はもはやサイトだけに止まらず、映画界でその実力を発揮するまでに。

f:id:inox07230:20181214182735p:image

そんなわけでネットの更新も出来ない日々が長いこと続いていた・・・。

そんなある日、ハロウィンメイクを手掛けていたレミーさんのもとに警察が訪れ殺人の容疑(あくまで容疑)逮捕されてしまう!

f:id:inox07230:20181214175410p:image

し、知らんし、なんの事か知らんし!状態のレミーさん。

 

警察の話によると、ドイツ市民からレミーさんのサイトに上がっている子供を惨殺している映像。あれは本物に違いない!レミーさんはガチで子供を殺した映像を流している!早く捕まえてっ!!

f:id:inox07230:20181214175601p:image

と、ノッピキナラナイ通報が入って逮捕となったというワケよ。

 

・・・Σ(゚Д゚;) ハァ?

アレはニセモノですよ?ヤダなぁw

ほら、あの惨殺された子供だって生きてるしw

f:id:inox07230:20181214175851j:image

と、普通ならそれで釈放かと思いきや自体は思わぬ方向に発展してしまう!!

 

ウェブ、映画における過激な表現。

f:id:inox07230:20181214180457p:image

ウェブ、映画における猥褻と芸術。

f:id:inox07230:20181214181001p:image

なんか難しいお話だが、避けては通れぬよ?( ;´Д`)知恵熱出る!!

 

   Review

  f:id:inox07230:20181211055244j:image

天才は空気を読まない(読めない?)

天才的な特殊メイクアーティスト、レミー・クチュールさんの作品が発端で逮捕された事件のドキュメンタリーです。

f:id:inox07230:20181214181119p:image

この作品を観るのにレミーさんが手掛けた作品を調べて観てみたワケですが、このウンコブログでは1本しかないですが、なにげに観ていた作品が何本かありまして『Discopathe』、『パニッシャー・ウォー・ゾーン』『Thanatomorphose』ナドナドナ・・

 詳しくはコチラ↓

inox07230.hatenablog.com

この三作だけでも凄まじいグロ描写がある作品だっていうのが勘の良い映画ファンの方ならお分かりでしょう。

f:id:inox07230:20181214181348p:image

で、今回の火種になったサイトInner Depravityの映像も観てみたのですが(DVDの特典映像にご丁寧に入っております)、うん、シャレにならんね!(ノ∀`)アチャー!

f:id:inox07230:20181214181251p:image

かなりリアルです。しかも独学っていうから天才のたぐいですしょうね。

 

そんなんで、このような映像に慣れてない方々が観たら通報するのもありえるかもしれないね( ;´Д`)

f:id:inox07230:20181214181430p:image

が、この話は実はココからが意外な方向に転ぶんですが。

子供を惨殺した映像は作りモノ、家宅捜査した家からはトローリ血糊は見つかるが、ルミノール反応は一切出す、殺害の容疑は晴れたんですが・・・

f:id:inox07230:20181214182846p:image

警察はなんと、今度は『ちょ、こ、こんな映像はダメでしょーが!こんな猥褻な映像はダメでしょーが!』と、殺人容疑から『猥褻物陳列』的な方向にシフトチェンジしたのよ、苦し紛れに(; ̄ェ ̄)これは苦しい!

f:id:inox07230:20181214181742p:image

しかし警察が苦し紛れに向かった方向・・・コレは長年に渡り芸術作品の映像、絵画、書物、あらゆる芸術作品で曖昧にされていた腫れ物的な事柄『この表現は、はたして芸術なのか?それともただの下衆猥褻なのか?公にしていいものなのか?』って言うヤツよ?

 

ある脚本家はモヤモヤする危機感を語り。

f:id:inox07230:20181214181609p:image

ある巨匠は自分の映画に対して一歩も譲らない真面目な姿勢を語り。

f:id:inox07230:20181214181627p:image

天才は、空気を読まずに『は?本物のように作ってなにがいかんのよ?』と荒ぶる。

f:id:inox07230:20181214181708p:image

( ;´Д`)うーん、その他にも弁護士さんや、著名な方々のインタビューが出てきたのですが・・・

なんせ頭がチト悪いもんで聞けば聞くほどに煙が強くなって自分の意見すら見失ってしまいましたが。

 

芸術か猥褻かってのは、その作品を一生懸命作った本人が決めることじゃないかなって思うし。

f:id:inox07230:20181214182049p:image

公に垂れ流していいのか?って問題は、惨殺された子供をやらされた子供のママさんのインタビューと、最後にウェブで『Snuff film』を検索してヒットした膨大な数のサイト達コレが答えなような気もするなぁ。

 

私としてはな、芸術とか猥褻とかどーでもいいから、いけないもの、気持ち悪いもの、残酷なものは指の隙間からでも観たいよな(*ノ∀`*) アハッ!

f:id:inox07230:20181214182208p:image

偉いお方が頑張って規制したところで、好奇心で動く行動力には勝てないでしょうよ。

なんか、難しいそうな作品かと思うでしょうが、レミーさんの特殊メイクのメイキングや、仲間達とワイワイしながら作品を作っとる映像もタンマリと収録されていまして、それだけでも楽しめますなんだせ(о´∀`о)

f:id:inox07230:20181214185804j:image

 

 

しかしね、事の発端のタレコミですがドイツ市民の通報でカナダの警察まで行ったわけですが・・・ドイツよ、お前達はあれだけその手のジャンルの監督を輩出してるのにナゼだっ!?

 ☆ 参考画像・ドイツ圏の愉快な監督達。

f:id:inox07230:20181211063702p:image

 

今回ですがコチラのDVDですがとてもじゃないが手におえず、ビデオマーケットさんに注文しました。

 

 

す、素晴らしいお客さん対応ですよ(。´Д⊂)うぅ・・・。 

こんな親切対応ないよ?みんなも是非にビデオマーケットさんでお買い物するといい!!

 www.video-market.net

 

 

Trailer - Art/Crime (2011)